ほくろは治療する事で除去する事ができるもの!

サイトメニュー

病気のもとになるほくろ

女性

紫外線が原因で生まれるほくろですが、メラニン(色素成分)が活性化しただけと簡単に考えている人も多くいます。実はこのほくろですが、医療会では「皮膚腫瘍」と呼ばれるできものに分類されています。しかし、これだけではほくろが危険と考える事がありません。ではなぜ、ほくろの治療がおすすめされているのかというと、ほくろには「悪性」の種類が存在するからです。悪性のほくろにはメラノーマと呼ばれる名前がつけられています。また、最悪の場合は皮膚がんに成り代わってしまうものも存在します。見た目だけでは良性のほくろと悪性のほくろは区別する事が難しいと言われています。通常のほくろだと大きさでしか違いを判断する事ができないものもありますが、悪性のほくろの中には痛みを伴うものが存在します。その痛みは個人によって異なり、チクチクと針が刺さっているような痛みもあればほくろを中心に痛みが鈍く広がるようなものもあります。しかし、痛みがあるほくろがすべて悪性と判断する事はできませんので、違和感を覚えるようであれば医師に相談する事が大切です。また、ほくろ治療の殆どが手術による除去作業となります。そのため、ほくろの大きさによっては除去ができない場合もあります。そういった点なども考慮して事前に医師に相談する事で問題なく治療を行うことができます。また、ほくろは肌にしかできないと考えている人も多くいますが、実は爪にも黒い縦線としてできる事があります。こちらは通常のほくろよりも良性悪性の判断が難しい種類になりますので、異変を感じたら大丈夫と判断するのではなく、速やかに医師に相談しましょう。また、ほくろの症状ですが様々な種類があります。通常であれば7mmの大きさで作られるほくろですが、肌質やメラニンの状態など様々な点が重なり合う事で最大20cmを超えるほどの大きさになったという事例もあります。主に顔・首・腕などに多くできますが、陽の光が当たりにくい体にも出来る事があります。また、爪などに生成される特殊なほくろなどもありますので、どの種類のほくろが悪性になるのかなどは明確には判明されていません。悪性のほくろは初期段階であれば本当に良性のものと見分けがつかなくなりますので、病院で行われるダーモスコピーと呼ばれる検査が有効的と言われています。皮膚を観察する事により、メラニンの状態や毛細血管の状態を調べる検査となり、痛みなどがないのが特徴です。この時に悪性のほくろである事がわかれば早期の治療が可能となります。良性のほくろであれば、無痛治療が可能となりますが、がんなどの可能性がある悪性のほくろになれば根本からの除去が必要になりますので、どうしてもメスが入る除去手術になります。基本的には局所麻酔になりますが、ほくろの大きさでは全身麻酔を使用する病院やクリニックもありますのでその点は事前に確認しておくといいかもしれません。

Copyright© 2019 ほくろは治療する事で除去する事ができるもの! All Rights Reserved.